総量規制対象外のカードローンの選び方

2010年から総量規制が実施されてから、パートやアルバイト、専業主婦などは以前と比較してカードローンの契約がはるかにしづらくなってしまいました。
総量規制とはお金を借りる側の人を保護する目的で作られたルールであり、お金を借りる側の人の年収の3分の1を超えるを借入を禁止するという内容となっているのです。もともと年収があまり多くないアルバイト学生やパートの主婦、更には安定した収入がない専業主婦がカードローンの契約をすることは、総量規制ができてからは極端に難しくなってしまったのです。

しかしすべてのキャッシングサービスが総量規制の対象というわけではなく、銀行のローンやキャッシングは総量規制と言われているものではない融資となっています。
詳しく解説しますと、総量規制は消費者金融などの貸金業法が適用される金融機関のキャッシングサービスに適用される法律であり、銀行のローンの場合は貸金業法ではなく銀行法が適用されるキャッシングサービスとなっているので、総量規制対象外となっているのです。

従って年収に関係なくキャッシングができる、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことで定職に就いていない人でもキャッシング契約ができる可能性が高いというわけなのです。

定職に就いていない人の銀行カードローンの選び方ですが、楽天銀行や新生銀行のカードローンが一押しとなります。
これらの銀行のローンは、総量規制対象外なのはもちろん、パソコンやスマートフォンから申し込みができ、来店不要で契約ができるというメリットが有るのです。